ジャバ・ザ・ハットリ

ベルリンのスタートアップで働くソフトウェアエンジニア

「世界のITエンジニア向け調査結果 スタックオーバーフロー2017」はいつも興味深い

2017-03-24プログラミング

Loading...

毎年やってるスタックオーバーフローのIT技術者向けのアンケート結果2017版が出た。これがいつも興味深いので一部を抜粋した。

アンケートに回答があった地域

英語でアンケート取ってるのが理由だろうが、ほぼ英語圏に集中している。日本からの回答は全体の0.4%でしかない。したがって以下のレポートでは主に英語圏のエンジニア達の動向が分かる。

image

性別

88.6%の男社会。どこの会社も「もっと女性のエンジニアを募集!」とやっているようだが、現実にはあまり女性に人気が無い様子。

image

民族性

74%が白人もしくはヨーロッパ系。たしかに職場の同僚達もほとんどこれに入っている。これはある意味アジア人である日本人が海外転職する際にはちょっと有利になるかもしれない。どこの会社も多様性を確保しようとしてるし「エンジニアの中では少数派である日本人にも入社して欲しい」と考えるケースがあるかも。

image

学校での専攻内容

コンピュータサイエンス、コンピュータエンジニアリングなど理工学系の学科がずらっと並ぶ。英語圏の会社で採用活動にかかわると実感するが求人応募者のほとんどがこうした学科のバックグラウンドを持ってやって来る。

image

プログラミングは単なる仕事か趣味か

73.9%ものエンジニアがプログラミングは単なる仕事ではなく趣味でもある、と。これは素敵なことだと思う。他の職種で7割以上の人がこれと同等のことを言うのは難しいのでは。営業職の人が「趣味で週末に家でも営業してます」って言うところは想像しにくいし。
image

使われているプログラミング言語

もうこれはここ数年いっつも同じ。JavaScriptが常に1番。
image きっと誰もが世界でもっとも洗練された言語とは思ってないのにみんなが使っているという。

使われているフレームワーク、ライブラリ

トップ4技術のうち3つがNode.js、AngularJS、Reactで言語がJavaScript。そりゃ流行るわ。

image

好きな言語

好きなプログラミング言語と仕事で使う言語は大きく異なっている様子。そんなにRustが好まれているのならやってみるかな。
image

嫌いな言語

こちらは非常に納得できる結果。

image

好きなフレームワーク

Reactが好評を得ているのはなんとなく感じていた。栄誉枯渇が激しくなんども入れ替わったフロントエンド界隈がここで一旦Reactで落ち着くのかな?

image

開発環境

Sublime Textってそんなに人気があるのか。このVimの数字はサーバーに入った時だけちょこっと使う人の分も含まれているように思う。普段からずっとVim使っている人が27%も居ないように感じるのだが。
image そんな私はVimを愛するVimmer。

仕事に対する満足度

エンジニアのお仕事には概ねご満足いただいている様子。英語圏のエンジニア給与が比較的高いのも原因のひとつだろう。

image

エンジニアが求職する際に重要視すべきこと

image 1番がコミュニケーションスキル。アルゴリズムやデータ構造の知識よりも最も大切なのはコミュニケーションだ、と。どこの国でも仕事のトラブルの原因は常にコミュニケーションにありそう。

元ネタはこちら。
Stack Overflow Developer Survey 2017

以上、スタックオーバーフローのエンジニア向けアンケート調査結果 2017でした。

関連記事


海外移住のQ&Aサイト シティーズ


海外移住向けのQ&Aサイトを運営しています。現在、海外にお住まいの方、これから海外移住や留学、転職をお考えの方はぜひご参加ください。 登録はもちろん無料です。

シティーズ https://www.cityz.jp/

cityz